« 2007年2月21日 (水) | トップページ | 2007年2月23日 (金) »

松下製湯沸かし器もか





ナショナルは模範的な対応をしてくれるでしょうか?
ピンチをチャンスに。



松下製湯沸かし器で48人CO中毒死、20年で27件
2月22日4時42分配信 読売新聞


 松下電器産業(大阪府門真市)が製造した小型ガス湯沸かし器で1986年以降、一酸化炭素(CO)中毒による死亡事故が27件発生、48人が死亡していたことがわかった。

 小型湯沸かし器によるCO中毒の危険性は、リンナイ(名古屋市)製品での一連の事故発覚でクローズアップされたが、松下の事故は、件数、死者数ともリンナイの約5倍に上っている。日本ガス石油機器工業会が今月19日に加盟各社の事故データを開示するまで、松下はこれらの事故を公表しておらず、重大事故を「使い方に問題があった」として片づけてきたガス機器業界の対応の甘さが、改めて露呈した形だ。

 27件の死亡事故が起きていた松下製湯沸かし器は、室内で空気を取り入れ室内に排気する開放式と呼ばれるタイプ。いずれも不完全燃焼防止装置は付いておらず、「GW―525」「GW―5D」など少なくとも9機種が確認されている。

最終更新:2月22日4時42分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月21日 (水) | トップページ | 2007年2月23日 (金) »